クリニックブログBLOG

歯ブラシの寿命…ご存じですか?

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは、桐山です。

今回は【歯ブラシの交換の時期・目安について】お話させて頂きます。

この歯ブラシいつまで使えるのだろう?
気がついたらずっと使っていた…なんてことはありませんか?

今回は歯ブラシの交換時期、目安についてお話しします。

交換時期がわからない方や歯を磨いていてもなぜか虫歯になる、汚れが落ちにくいという方は参考にしてみて下さい。

①ブラシの交換時期、目安とは?

皆さん、1日何回歯を磨きますか?
朝・夜1日2回磨く方もいれば、朝・昼・夜1日3回磨く方もいます。平均だと1日3回磨く方の方が多いです。
毎食後1日3回磨いた方で歯ブラシの交換目安は約1ヶ月といわれています。

歯ブラシの寿命は1ヶ月なのです。

その他にも歯ブラシを後ろから見たとき毛先がヘッド(歯ブラシの頭)からはみ出してみえる時は交換して下さい。

②同じ歯ブラシをずっと使い続けるとどうなるの?

・虫歯や歯周病になりやすくなる・・・毛先の開いた歯ブラシで磨くことによって、汚れが落としきれず、汚れが残ったままになってしまいます。磨いていてもなぜか虫歯や歯周病になってしまいます。

・細菌が増殖する・・・口腔内には常在菌が存在しているので、歯を磨くことによって歯ブラシの毛先には菌がたくさん付着してしまいます。
古くなった歯ブラシには特に菌が多く、適切な保管をしていてもヘッドの部分は汚れていってしまうのです。

・歯茎や歯を傷つけやすくなる・・・新しい歯ブラシの毛先には弾力性があります。
毛先が広がり古くなるとその弾力性が失われ、汚れが落とせなくなる他に歯茎や歯を傷つけてしまうのです。
「ブラッシングの圧は強くないのに…」「虫歯ではないのに…」冷たいものがしみてしまうという方は古い歯ブラシで歯茎や歯を傷つけているのかもしれません。

③ 歯ブラシを1ヶ月間しっかり使えるために

・ブラッシング圧には注意して磨く・・・ゴシゴシ強く磨いてしまうと毛先は1ヶ月も経たないうちに開いてしまいます。強く磨くことによって歯茎や歯を傷つけてしまい知覚過敏の原因にもなってしまいます。

*ブラッシング圧が強い方は適正なブラッシング方法を歯科医院で確認してみて下さい。

・歯を磨いた後は歯ブラシを水洗する
歯ブラシには菌や汚れがたくさん付着するので必ず水洗しましょう。
軽く水で流して終わりという方も多くいますが、それだけでは菌や汚れ、歯磨き粉などは落とせていないのです。水で流したら指でヘッドの毛先の部分を洗い流してください。
水洗後は汚れが残っていないかを確認してみてください。

・乾燥させて保管する・・・毛先の部分に水分が残っていることによって、カビや雑菌が繁殖してしまう原因となります。
歯ブラシを水洗した後は必ず水気を取り、風通しのよい場所でヘッドを上にして保管しましょう。

歯ブラシの交換時期の参考になりましたでしょうか?
毎日口腔内に入れるものなので、常に清潔な歯ブラシを使用し、虫歯や歯周病を予防しましょう!

岩崎歯科医院では毎月8のつく日(8・18・28)に歯ブラシをご購入頂くと、通常価格より30円引きとなっていますので、ぜひご利用下さい。

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

マイクロスコープの特徴を知ろう

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは
歯科衛生士の山元です
今日はマイクロスコープの特徴をお話していきたいと思います

まずはマイクロスコープの三大要素です
この三者が揃うことで「説明」が可能となります

ルーペは肉眼と同様で、視軸と観察軸はほぼ同一で斜め下を向いての治療になります。(a)
一方、マイクロスコープは視軸と観察軸が異なり、可変である。可動範囲の大きな機種であれば、正面を向きながら術者自身の腹部に対物レンズを向けることも可能で観察範囲が広くなります(b)

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

マイクロ顕微鏡 照明編

カテゴリ:
クリニックブログ

今回はマイクロ顕微鏡の
三大要素のひとつ”照明”についてお話します。

歯科治療では、
暗く狭い場所での細かい施術が多く
肉眼と治療台に備え付けのライトだけの
施術には限界が出てきてしまいます・・・。

※診療台に備え付けのライトの光のみだと影ができてしまう箇所があります

そこでマイクロ顕微鏡です☆
お口の中を拡大して見ることが出来るだけでなく
LED若しくは、キセノンやハロゲンといった強力なライトで
術野を照らしてくれるため
歯石やむし歯の取り残しを減らすことが出来ます!!

※マイクロ顕微鏡の照明機能で全体が明るく細かな部分も見ることが可能です

当院には、3台ののマイクロ顕微鏡設備があります
マイクロ顕微鏡下での治療についていつでもご相談ください。

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

歯ぎしり 食いしばりについて

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは。歯科助手の中川です。

寒くなってくると歯を食いしばる事が増えることがあります。 

一説には歯を食いしばることによって交感神経が刺激され、結果的に体温を上昇させることを目的としているようです。

今回は、その食いしばりについてお話します。

さてこの食いしばり、寒くなくても日中や夜間に行ってしまう人がいます。

この食いしばりを日常的にしている人は様々な症状がでると言われています。

例えば、歯を噛み合わせると痛い・冷たいものがしみる・顎が痛い・頭痛・肩こり・・・等々、、、

なぜこのような事が起こるのでしょうか。

一般に力いっぱい食いしばった時には自分の体重と同程度の力が歯にかかると言われています。

これが一般の食事中であれば無意識の中で噛む力をコントロールしているため、害を起こすほどの力が歯にかかることは稀です。

ですが、夜寝ている時、自分の意識が無い中ではどうでしょう?

歯ぎしりをしている人と遭遇したことはあるでしょうか?

部屋中にギリギリと音を立てる程上下の歯をすり合わせています。

ですが、日中起きているときに同じように音を鳴らせるでしょうか?

ほとんどの人が無理だと思います、これは無意識の中でいわゆる火事場の馬鹿力で歯をすり合わせているのです。

研究ではこの時の奥歯にかかる力は体重の2倍にもなると言われています。

歯は人間の体の中で最も硬いものと言われますが、この力が毎晩かかっていたらどうでしょう?

歯が割れないまでも、歯にヒビが入ったり、歯茎にダメージを与えるのは想像に容易いと思います。

また、夜に歯ぎしりの音が鳴らなくても、真っすぐに食いしばっているケースもあります。

これは周囲の人も気づかず、本人にも自覚が無い場合が非常に多いです。

上記のような症状の出ていない方でも自分はどうだろう?と思った方、以下のことをチェックしてみてください。

・歯茎の下の方や、下の歯の歯茎の裏側がデコボコしていませんか?

長年かみ合わせが強い人は、上顎、下顎に噛み合わせの力に対抗するように骨が発達します。

・舌のわきがデコボコになっていませんか?

食いしばる時舌を押し当てるので、歯の形にそって舌の形が変わってしまっている場合もあります。

また、夜間の歯ぎしり、食いしばりが無いのに症状があるという人もいます。それは、【TCH】という日中の食いしばりの癖が原因である可能性があります。

通常、日中においても上下の歯が接している時間は1日の中でわずか15~20分と言われています。

ですが、仕事中、勉強中、家事をしている時など、

集中している時に上下の歯を合わせてしまう癖になってしまっている人がいます。

寝ている時の火事場の馬鹿力ほどの力はかかっていませんが、長時間、頻回なこの癖はやはり歯・顎・歯茎にとってはダメージを与える働きとなってしまいます。

ではこういった事は治せるのでしょうか?

先ほどもお伝えしましたが、歯を接触させるだけでも歯・筋肉・舌など組織は疲労してきます。

例えば、パソコンモニターやスマホに集中している時、何気ない時でも食いしばったりします。

また精神的ストレスは食いしばりを増長させると言われています。

日中の食いしばり対策は、まず自分で気づくこと(認知すること)です。

時々意識して、食いしばっていないか確認してみてください。もし気づいたら顎の力を抜いて、上下の歯を離してください。ついでに肩の力も抜いてストレッチしてください。

睡眠中の食いしばり歯ぎしりも精神的ストレスにより増長することが確認されています。

寝る前には深刻な考え事はやめて、顎の筋肉をリラックスさせ、

熟睡した質の良い睡眠となるよう心掛けてみてください。

常日頃から食べる・飲み込む・話す以外は歯を合わせないように、顎をリラックスさせて過ごしましょう。

また、夜間の食いしばり歯ぎしりに関しては、

当院では夜間装着用のマウスピースをオススメしています。

既に、歯をかみ合わせると痛い・冷たいものがしみる・顎が痛いといったような症状が出てしまっている方、一時的な回復はあるかもしれませんが、歯の痛みや顎の痛みは、筋肉痛や骨折のように時間の経過とともに治るものでは無く、根本的な治療を行わなければ時間の経過とともに悪化するケースが多いです。

症状が悪化する前に是非受診してみてください。

なにか気になる事がある方、自分が食いしばっている可能性があるか口の中を確認してほしいという方も、

是非お気軽にスタッフにお声がけください。

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

歯の保存を徹底的に

カテゴリ:
クリニックブログ

みなさん、こんにちは。岩崎歯科医院 歯科医師の芳金信太郎です。

私は、できる限り歯を残すことができないかという目標からマイクロスコープ を使用してきました。

マイクロスコープユーザーの中では超有名なジョージボーゲン先生のセミナーを10月5、6日に受講させていただきました。

 

ボーゲン先生はMTAセメントという非常に生体親和性の高い材料を用いてたくさんの歯の保存を行ってきました。

MTAセメントとは、トラビネジャド先生が開発し、1996年からボーゲン先生が臨床にMTAを応用してきました。

 

セミナーは朝9時から18時まで、講義と実技をどんどんこなしていきます。

神経を残す方法や、部分的に神経を残す方法、歯根と呼ばれる歯の根っこ(歯根)を成長させる方法

歯の根っこ(歯根)を逆から治療する方法など多岐にわたる講義と実習でした。

ボーゲン先生にレントゲンで確認していただきながら、Good!と言っていただきました。



1本の歯を可能な限り残すことが少しでもできるよう、日々研鑽していきたいと思っております。

歯科医師 芳金信太郎

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

1 / 212