クリニックブログBLOG

症例報告 インプラント

カテゴリ:
クリニックブログ

岩崎歯科の歯科医師 芳金信太郎です。

今回はインプラント治療を受けられた60歳代女性についてご報告させていただきます。(掲載の同意を頂いております)

 

 

 

歯を支える骨が痩せてしまう歯周病がレントゲンの右上の赤丸の部位にありました。

また、レントゲン左下の被せ物が取れてしまったという主訴でお見えになりました。

上の歯は、歯の動揺が著しく抜歯を行なったのちにインプラントになりました。

また、取れてしまった部位は歯の崩壊が顕著でこちらも保存が難しく残念ながら抜歯となりました。

インプラントを行う際は、CTを撮影した後に、最新のデジタル診断を行い、可能な限り低侵襲にできるよう骨のある部位を探して、そこにインプラントを入れる計画を立てます。

上顎洞の内側に骨がしっかりありましたので、その部位にガイドを用いて埋入していきます。

こちらがインプラントを入れた後のレントゲンです。

インプラントはしっかりした骨と強い歯茎が必要です。

 

強い歯茎を獲得するために、上顎の口蓋というところから歯茎を移植することもあります。痛みはそこまでありません。

強い歯茎を獲得することで歯ブラシも痛みなくすることができ長い目で見て衛生的です。そして最後のインプラントの歯が入り治療終了です

 

患者様には12か月ほどお付き合いいただき頑張ってきただきました。今後はインプラントだけでなく天然歯が一生涯持つようにメンテナンスでしっかりフォローしていきたいと思っています。

歯科医師 芳金信太郎

三重県 四日市 歯医者 インプラント マイクロスコープ