クリニックブログBLOG

症例報告:審美オールセラミック

カテゴリ:
クリニックブログ

三重県 歯医者 四日市 朝日町 岩崎歯科医院

こんにちは。歯科医師の芳金信太郎です。

本日は前歯をセラミックによって美しさを回復した審美の症例をご報告致します。

50代女性で前歯が欠けてしまったことが主訴でした。また、過去に神経の治療歴があり歯の色も少し暗い色調になっていました。

また、過去に神経の治療歴があり歯の色も少し暗い色調になっていました。

 

綺麗なセラミックが入っても歯の中に感染が起きてしまっては意味がありません。

よって、可能な限りセラミックで被せ物をする前にはラバーダムとマイクロスコープ(顕微鏡)を用いて根管治療を行います。

その後、ファイバーコアにて土台を立てていきます。

 

 

その後、シリコンという材料で型をとり、金属を使わないオールセラミックにて完成です。

可能であれば、下の前歯、隣の歯を部分矯正でより機能的に動かすこともあります。

 

 

 

セラミックは美しさはもちろんのこと、歯との接着も強い為、外れにくく、そして汚れも付きづらいです。色も変わることはありません。セラミックはとてもいい材料だと確信しております。

歯科医師 芳金信太郎

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市徒歩3分 近鉄四日市徒歩10分 マイクロスコープ