診療内容DENTAL CONTENT

審美歯科COSMETIC DENTISTRY

健康と美しさの両立を目指して。

自然なほど真っ白な歯にするということではなく、審美歯科治療における究極の美しさとは歯科医師の目から見ても天然歯と全く識別できないほどの自然美を回復することにあります。
たとえその歯が年齢を重ねて褐色に変色し、噛み合わせがすり減り、形の悪い歯であったとしても、周りの歯と全く識別できないほどに調和し、天然歯のように機能しているのならば、それはとても美しく感じます。
そして美しい歯は歯科医師だけの力で創り出せるものではありません。
岩崎歯科では院内技工にてのスピーディーな対応はもちろん、専門技工所と提携して見た目だけでなく、機能的な審美治療をご提案します。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックは、金属を使わずジルコニアの上にセラミックを盛り付けたもので、自然な色合いと形を再現し、永年使用にも変色せず天然歯の美しさを保ちます。
オールセラミックより透明度は劣りますが、自然な色あいを再現しやすい材です。

オールジルコニア

ジルコニアとは人工ダイヤで作られた被せものです。とても強度が強く、更には耐久性に優れているため以前は奥歯に使われていましたが、現在では前歯にも使える程の美しさを兼ね備えたものへと進化してきました。
歯を削る量もとても少ないため歯への負担は少なく済みます。

オールセラミック(e-max)

岩崎歯科では二ケイ酸リチウムという材料を用いたオールセラミック(e-max)という材料にステインを塗布することで限りなく天然歯に近い自然な美しさに仕上げることが可能です。
オールセラミックの美しさはもはや、当たり前であり、最も重要なことは歯との「適合性」と「接着性」です。
歯にきちんと適合して、細菌の漏洩がないように最新のセメントで接着させることにより、極力やり直しの少ない治療へとつながります。
万が一、割れてしまったなどのトラブルの際は当院の保証システムにて保証させていただきますのでご安心ください。(例:1年以内の破折は無料でやり直します)

セラミックスインレー

従来、インレー(つめもの)には金属が使用されてきましたが、黒く目立ち、見た目にはよくありませんでした。セラミックを使用することにより、治療箇所が目立たず、非常に健康的に見えます。

ファイバーコア

ファイバーコアはグラスファイバーの繊維を束ねてレジンを重合させて作成する土台です。
保険の金属の土台ですと金属の強度が強すぎてしまい歯に負担がかかりすぎて、歯の根が折れてしまったりします。
また、保険の金属が溶解して歯茎が黒ずんでしまうこともあります。
ファイバーコアは歯にかかる負担が小さく、応力を分散させるメリットがあり、かつ、被せ物をした時も自然感を出すことのできる材料です。

審美治療例:右上1をジルコニアセラミックで治療

  • 術前

    プラスチックの歯が黄ばみ、歯肉が腫れている。

  • 術中

    被せ物をして歯肉を整える。

  • 術除去後

    歯肉の安定を待って完成。

審美治療例:左上4番をセラミッククラウン


  • BEFORE

  • AFTER

審美治療例:前歯部4本をジルコニアセラミックで治療


  • BEFORE

  • AFTER

審美治療 治療費

ジルコニアセラミッククラウン
120,000円
オールセラミッククラウン
85,000円
オールジルコニアクラウン
95,000円
セラミックインレー
57,000円
メタルボンド
80,000円
ファイバーコア
10,000円

ホワイトニングWHITENING

ホワイトニングは、歯を削らずに薬剤で歯を白くします。

歯が変色する原因には、たばこ、コーヒー、茶しぶなどによる着色があります。
これらはクリーニングだけでもかなり落とすことができますが、加齢による歯の黄ばみやエナメル質の内部にまで沈着した色素までは落とすことはできません。
ご自身の本来の歯の色以上に白く明るい色を手に入れたい方には、ホワイトニングがおすすめです。

岩崎歯科のホワイトニング

ホームホワイトニング

ご提案しているホワイトニングは、ご自宅で、ご自身で行っていただくホームホワイトニングという方法になります。
岩崎歯科で使用のホワイトニングは「ティオン ホーム」という、ジェル状のホワイトニング材をマウストレーに注入して使用します。
最初に医院で歯列全体の型をとり、マウストレーを作製します。
効果がでるまで個人差がありますが、おおよそ2〜6週間で効果が実感出来ます。
時間をかけて行うことで、より「自然な感じの白さ」「後戻りしにくい効果」を得ることができます。

ホワイトニング症例


  • BEFORE

  • AFTER

ホワイトニング 治療費

ホームホワイトニング(上下顎)
30,000円

予防歯科PREVENTIVE DENTISTRY

日々の予防歯科が非常に大切です。

歯は一生使うもの。
虫歯になってからでは手遅れです。
今まで歯科医院は、歯が痛くなってから行くものでしたが、むし歯を事前に防ぐために予防歯科をおすすめしています。
むし歯で失った歯、歯周病で溶けた顎の骨は元には戻りません。
そのため近年、歯が悪くならないように予防していく事が重要になってきました。
治療する前に予防することがこれからの歯科医院のスタンダードとなってきます。

PMTC とは

P(プロフェッショナル)・M(メカニカル)・T(トゥース)・C(クリーニング)

PMTCとは上記の略した名前で、
歯科医院で行う専門的な機器を使用した歯のクリーニングです。

毎日の歯みがきでは取りきれない、むし歯や歯周病の原因となる歯垢や着色(タバコのヤニ、茶しぶなど)を取り除きます。 更に、歯面をツルツルに磨き上げる事で、汚れを付きにくくし、また付着した汚れも歯ブラシで落しやすくなります。

PMTCのポイント

  • 柔らかい特殊な器具を使うので、痛みはありません。
  • 歯の表面は、細菌のいない清潔な状態になります。
  • 3~4ヶ月に1度、定期的に行うことで非常に効果的にむし歯や歯周病を予防することができます。
  • コーヒーやタバコによる歯の着色が気になる方や、矯正治療中の方にもおすすめします。

PMTC症例


  • BEFORE

  • AFTER

PMTCの流れ

  • STEP 1

    付着している歯垢(プラーク)や歯石を超音波スケーラーで除去します。

  • STEP 2

    一次研磨~二次研磨~三次研磨

    ポリッシングブラシ、ラバーカップを使用して研磨します。
    粒子の粗い研磨剤から使い始め、段階的に粒子の細かい研磨剤に変えていきます。

    一次研磨

    ブラシを使って研磨します。(粗い研磨剤)研磨剤に変えていきます。

    二次研磨

    ラバーカップを使って研磨します。(中等度の研磨剤)

    三次研磨

    ラバーチップを使って研磨します。(細かい研磨剤)

  • STEP 3

    歯のナノケア

    リナメルペースト(歯の成分であるリンとカルシウムを含んだミネラル粒子を成分にした研磨剤)を使って研磨することで、歯面にできたナノレベルの傷を修復します。ツルツルの歯面に仕上げることで、汚れが付きにくくなります。

  • STEP 4

    歯肉マッサージ

    アロマジェルを使用して歯肉のマッサージを行います。
    リラクゼーション効果があります。

  • STEP 5

    歯のミネラルパック

    MIペースト(リンとカルシウムを成分にしたペースト )を歯に塗布します。
    歯の再石灰化を促進させて、歯質を強化させます。

PMTC 治療費

PMTC(所要時間:45分)
5,400円

歯の健康を保つためには歯ブラシ選びも重要です

薬局や量販店などで歯ブラシを購入し、使用されている方が多いと思います。
実は歯科医院などで販売をしている歯ブラシなどは、歯科医院専売商品のデンタルグッズで一般の薬局や量販店などでは販売されておりません。
岩崎歯科でも歯科医師や歯科衛生士がピックアップした様々なデンタルケアグッズを販売しております。
患者様一人一人に適したデンタルグッズをご提案させて頂きます。

Tepe 歯ブラシ

歯科予防先進国スウェーデンTePe社の歯ブラシです。
予防歯科専門医の協力のもと開発された製品で、人間工学に基づいたデザインなので、大変磨きやすく環境にも、配慮された作りになっています。
持ち手は、持ちやすく、ブラシのヘッドは、臼歯部までよく磨けるように先が細く台形状になっています。

ボタニカル

身体への優しさを追求しながら、実証データのある強力な植物由来成分に着目。
ボタニカルの力を最大限まで発揮することで、ホワイトニングや口臭ケアへ導く歯磨き粉です。

口腔外科DENTAL SURGERY

お口の中全体の状態を改善する提案を

お口の中は歯だけではなく、歯を支えている顎の骨や舌、歯肉、頬粘膜などの様々な軟組織が存在します。
口腔外科とは、組織・粘膜などお口の中の異常を外科的に診断・処置を行い顎顔面、口腔内に生じる疾患に対応する診療です。
お口の中の異常は、様々な全身疾患の一症状として表れることがあります。
親知らずなどの抜歯処置のみならず、全身症状を考慮する必要があります。また岩崎歯科では、医院での対応や処置が困難な場合でも、近隣の病院との連携・ご紹介をさせて頂く事で、患者様の健康状態を第一に考えたご提案をいたします。

親知らずの治療

口の中の前中心から数えて8番目の歯のことを言います。
親知らずは生えている場合と顎の骨の中に埋まっている場合、最初から無い場合など、人により様々です。生え方の状況により、抜歯をした方が良い場合もあれば、抜歯をしないで残しておいた方が良い場合もあります。
適切な診査・診断にて、最良のご提案をいたします。

親知らずを抜歯した方が良い場合

  • むし歯が進行している、まわりの歯肉の炎症を起こす場合
  • 中途半端に歯の一部が生えていて、歯みがきが難しく不衛生になりやすい場合
  • 埋まっているが歯のまわりに病気(嚢胞や腫瘍)が確認された場合
  • 親知らずが他の歯の、歯並びを悪くする恐れがある場合

親知らずを抜歯しなくても良い場合とは

  • 他の歯と同じようにまっすぐに生えてきていて、歯みがきも問題なくできる場合
  • 完全に埋まっていて歯のまわりにも病気がなく問題がない場合
  • 完全に埋まっている親知らずが他の歯に悪影響を及ぼすことがないと判断された場合

小児歯科PEDIATRIC DENTISTRY

悪い所を治すではなく、良い歯の維持と健康を考えて。

岩崎歯科では、お子様の性格やご両親の希望、お悩みなどを伺って、できる限りご希望に添うようにしています。
治療はお子様をいかに怖がらせずに嫌がられずにできるかが、治療の質を決める最大のポイントになりますので、いろいろなことに細心の配慮をしております。
ただ、お子様が嫌がるかどうかだけを指標にしていますと、いつまでも慣れることができずに治療しないといけないむし歯が進行してしまいそうなときがあります。
治療の方法も、お子様の性格を十分に知っておられるご両親にお伺いして、お子様にとって最善と思われる方法を選んでいただくようにしています。

お子さまへのこだわり

はみがきチェック

歯の健康を守る一番の方法は正しいブラッシングをすることです。お子様ご自身でブラッシングできるように保護者の方にも、仕上げみがきの方法をお知らせしています。分からないことがありましたら何でもご質問ください。

フッ素塗布・シーラント

歯質を強化する効果のあるフッ素を歯の表面に塗布し、虫歯になりにくい歯をつくります。
また奥歯にある深い溝は虫歯になりやすいため、あらかじめ歯科用樹脂で溝を埋め、虫歯を予防するシーラントを行います。

ご相談だけでも結構です。
まずはお気軽にご相談くださいませ。

※プライバシーに配慮し、個室でのご相談も可能です。