クリニックブログBLOG

女性ホルモンと歯周病

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは、森下です。

女性の歯の危機は3度来る! 女性ホルモンと歯周病の深い関係について

毎月、生理前になると歯茎が腫れて出血するという悩みを持つ人はいませんか。女性ホルモンの分泌量と歯茎の健康には大きな関係があります。

簡単に説明しますと

女性ホルモンの分泌はライフステージや月経周期に左右されます。排卵直前や生理前にエストロゲンが上昇すると、女性ホルモンを栄養源にしている細菌が活発化します。これらの細菌によって、歯茎の腫れが引き起こされます。さらに思春期と妊娠・出産、そして更年期というホルモンバランスが乱れやすい時期は、歯周病にかかりやすくなります。女性ホルモンの活動が活発な2040代の女性こそ、しっかりとした口腔ケアが必要なのです。


日常の予防方法

1.徹底的に口腔内をきれいにする。

2.歯ブラシだけでなく歯間ブラシやデンタルフロスを併用する。

3.どんなに磨いても歯石はたまります。3ヶ月に一度は歯科医を訪問し検診と歯石の除去をしてもらいましょう!

矯正中のハミガキについて

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは

矯正の経過報告ですが、今回は調整はなかったので、矯正中のハミガキについてお話します。

矯正中はお口の中に装置がついているので、普段よりもハミガキがとても難しいです。

矯正中に磨き残しが多くなり、虫歯や歯周病になってしまうといけません。

写真のように磨き残しになりやすい所があります。

基本的には装置の周りを歯ブラシや歯間ブラシで掃除して頂くとキレイになります!

普段使用している歯ブラシの他にも、ポイント磨き用の小さい歯ブラシなど、併用して頂くと効果的だと思います!

歯ブラシの寿命…ご存じですか?

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは、桐山です。

今回は【歯ブラシの交換の時期・目安について】お話させて頂きます。

この歯ブラシいつまで使えるのだろう?
気がついたらずっと使っていた…なんてことはありませんか?

今回は歯ブラシの交換時期、目安についてお話しします。

交換時期がわからない方や歯を磨いていてもなぜか虫歯になる、汚れが落ちにくいという方は参考にしてみて下さい。

①ブラシの交換時期、目安とは?

皆さん、1日何回歯を磨きますか?
朝・夜1日2回磨く方もいれば、朝・昼・夜1日3回磨く方もいます。平均だと1日3回磨く方の方が多いです。
毎食後1日3回磨いた方で歯ブラシの交換目安は約1ヶ月といわれています。

歯ブラシの寿命は1ヶ月なのです。

その他にも歯ブラシを後ろから見たとき毛先がヘッド(歯ブラシの頭)からはみ出してみえる時は交換して下さい。

②同じ歯ブラシをずっと使い続けるとどうなるの?

・虫歯や歯周病になりやすくなる・・・毛先の開いた歯ブラシで磨くことによって、汚れが落としきれず、汚れが残ったままになってしまいます。磨いていてもなぜか虫歯や歯周病になってしまいます。

・細菌が増殖する・・・口腔内には常在菌が存在しているので、歯を磨くことによって歯ブラシの毛先には菌がたくさん付着してしまいます。
古くなった歯ブラシには特に菌が多く、適切な保管をしていてもヘッドの部分は汚れていってしまうのです。

・歯茎や歯を傷つけやすくなる・・・新しい歯ブラシの毛先には弾力性があります。
毛先が広がり古くなるとその弾力性が失われ、汚れが落とせなくなる他に歯茎や歯を傷つけてしまうのです。
「ブラッシングの圧は強くないのに…」「虫歯ではないのに…」冷たいものがしみてしまうという方は古い歯ブラシで歯茎や歯を傷つけているのかもしれません。

③ 歯ブラシを1ヶ月間しっかり使えるために

・ブラッシング圧には注意して磨く・・・ゴシゴシ強く磨いてしまうと毛先は1ヶ月も経たないうちに開いてしまいます。強く磨くことによって歯茎や歯を傷つけてしまい知覚過敏の原因にもなってしまいます。

*ブラッシング圧が強い方は適正なブラッシング方法を歯科医院で確認してみて下さい。

・歯を磨いた後は歯ブラシを水洗する
歯ブラシには菌や汚れがたくさん付着するので必ず水洗しましょう。
軽く水で流して終わりという方も多くいますが、それだけでは菌や汚れ、歯磨き粉などは落とせていないのです。水で流したら指でヘッドの毛先の部分を洗い流してください。
水洗後は汚れが残っていないかを確認してみてください。

・乾燥させて保管する・・・毛先の部分に水分が残っていることによって、カビや雑菌が繁殖してしまう原因となります。
歯ブラシを水洗した後は必ず水気を取り、風通しのよい場所でヘッドを上にして保管しましょう。

歯ブラシの交換時期の参考になりましたでしょうか?
毎日口腔内に入れるものなので、常に清潔な歯ブラシを使用し、虫歯や歯周病を予防しましょう!

岩崎歯科医院では毎月8のつく日(8・18・28)に歯ブラシをご購入頂くと、通常価格より30円引きとなっていますので、ぜひご利用下さい。

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

マイクロスコープの特徴を知ろう

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは
歯科衛生士の山元です
今日はマイクロスコープの特徴をお話していきたいと思います

まずはマイクロスコープの三大要素です
この三者が揃うことで「説明」が可能となります

ルーペは肉眼と同様で、視軸と観察軸はほぼ同一で斜め下を向いての治療になります。(a)
一方、マイクロスコープは視軸と観察軸が異なり、可変である。可動範囲の大きな機種であれば、正面を向きながら術者自身の腹部に対物レンズを向けることも可能で観察範囲が広くなります(b)

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

マイクロ顕微鏡 照明編

カテゴリ:
クリニックブログ

今回はマイクロ顕微鏡の
三大要素のひとつ”照明”についてお話します。

歯科治療では、
暗く狭い場所での細かい施術が多く
肉眼と治療台に備え付けのライトだけの
施術には限界が出てきてしまいます・・・。

※診療台に備え付けのライトの光のみだと影ができてしまう箇所があります

そこでマイクロ顕微鏡です☆
お口の中を拡大して見ることが出来るだけでなく
LED若しくは、キセノンやハロゲンといった強力なライトで
術野を照らしてくれるため
歯石やむし歯の取り残しを減らすことが出来ます!!

※マイクロ顕微鏡の照明機能で全体が明るく細かな部分も見ることが可能です

当院には、3台ののマイクロ顕微鏡設備があります
マイクロ顕微鏡下での治療についていつでもご相談ください。

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

1 / 2412345...1020...最後 »