クリニックブログBLOG

サメの歯って・・・

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは♪歯科衛生士の山田です。

今日も動物の歯の話をします。

サメっていいなあ!!歯が抜けても次々と生えてくるなんて!と思ったことありませんか?

サメの歯は一本の歯が抜けると、待機していた次の歯がすぐに出てくる仕組みになっています。

ヒトは永久歯が抜けると二度と生えることはありません。

何故ヒトの歯はサメの様な仕組みにならなかったのかな?

大嫌いな歯医者にも行かなくて済むのに。とただただ羨ましくなる方もいると思います。

 

本当にそうでしょうか?

サメの歯は抜けやすい歯ということを知っていますか?

 

歯の根がないからです。

これがヒトの歯との大きな違いです。

ヒトの歯は顎の骨の一部である歯槽骨と呼ばれる骨に埋もれていて、歯の根の周りも歯根膜という膜で覆われている為、ちょっとやそっとでは抜けません。

さらにもっと大きな違いがあります。サメの歯は尖った歯ばかりですが、ヒトには食べ物を噛み切る前歯、引きちぎる犬歯、そして奥歯で咀嚼して食べ物を味わえる3種類の歯があります。サメにとっての歯とは、食べ物に食らいつき、丸飲みするという手に代わって獲物を捕らえる道具でしかありません。

何回も生えかわることはないヒトの歯ですが味わいながら食事ができるというのはとても幸せなことです。

私たちの歯は一生モノだからこそ、サメの歯を羨ましがることなく、毎日のケアで歯を大切にしていきたいですね。