クリニックブログ BLOG

歯肉病変の種類について

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは歯科衛生士の赤塚です🍓

今回は歯肉の種類についてお伝えしようかと思います!

○プラーク性歯肉炎

歯肉のきわなどが赤くなったり、腫れを認め、スティップリング(健康な歯肉に現れるもの)が消失しているもの。

IMG_1050.heic

※歯周病学教本より

(1)プラーク単独性歯肉炎

プラーク(汚れ)の付着によって赤くなる歯肉に限局した炎症。プラークが蓄積した歯のきわが赤くなったり、腫れが認められる。

IMG_1051.jpeg

※歯周病学教本より

(2)全身因子関連歯肉炎

①萌出期関連歯肉炎

歯の萌出に伴い歯と歯肉に膿の袋が作られやすい、プラークが直接の原因ですが、通常の歯ブラシでは膿の袋のプラークを取り除くことが困難になる。萌出が完了すると症状が軽減しますが、それまでは注意深いケアが必要となります。