クリニックブログBLOG

おすすめ歯磨きジェル

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは!大庭です。

今回は虫歯、歯周病予防におすすめの

歯磨きジェルを紹介します。

虫歯、歯周病の原因は、プラーク(歯垢)の中の
細菌が原因です。

そこで虫歯、歯周病を予防する、歯磨きジェル
『ジェルコートF』↓↓がおすすめです。

★おすすめの理由は…

①歯磨きのたびに歯を強くする
フッ化ナトリウムで、再石灰化を促進し、
歯を強くする。

②歯にやさしい
研磨剤、発泡剤無配合のため、
歯面に傷がつきにくい。

③殺菌効果が高い
殺菌剤配合のため、虫歯、歯周病を予防し、
口臭防止効果もある。

★一般的なフッ素配合歯磨き剤とのちがいは…

①ジェルタイプであること

②2通りの使用方法ができる

A.通常の歯磨き剤として

(しっかりブラッシングし、数回ブクブクうがいをする。)

B.フッ素コート剤として

(歯磨き後、ジェルコートFをもう一度歯ブラシにとり、

軽くブラッシングし、1回だけ軽くうがいをする)

 

正しいブラッシングを習得し、

毎日のホームケアで予防してください!!

基本的に使う器具

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは。
歯科助手の藤井です。

今回は、基本的に使う器具について
紹介させていただきます。

普段患者様は、上を向いてフェイスタオルをかけた状態で治療を受けるため、
特に器具を見る機会もありません。
何も見えない状態で、口の中にどんな器具が入ってるのか・・・?と不安に思われている方もいるのではないでしょうか。
基本的な事を知っているだけでも違うかもしれません(笑)

上から順に

バキューム
お口の中に溜まった唾液や水を吸いとるのに使います。

ミラー
小さな虫歯を見つけたり、頬っぺたや下を削合器具から守るのに使います。

ピンセット
小さな物を掴むのに使います。

エキスカ
小さいスプーンのようで、ボロボロになった虫歯を削除したり、仮の詰め物を外したりするのに使います。

探針
小さい虫歯の発見や、歯の隙間に詰まった物を除去するのに使います。

以上が患者様一人一人に用意されている基本的な器具です。

もちろん全て滅菌されていて、清潔な状態で準備しています。

安心して治療を受けてくださいね!

放っておくと大変なことになる歯周病 part1

カテゴリ:
クリニックブログ


こんにちわ。歯科衛生士の石垣です。
みなさんは、歯周病の怖さを知っていますか?

歯磨きで出血がないですか?

大人になってから、歯を失う原因の大部分を占めるといわれているのが歯周病です。

歯周病は進行性の病気ですが、初期段階であれば健康な状態に回復することが望めます。

歯周病に早く気づくにはどうすればいいのでしょうか。

また、歯周病を予防するにはどうすればいいのでしょうか。
これから、何回かに分けて歯周病の原因や予防法、治療法などについて説明します。

歯周病とは、歯周組織に生じる炎症を中心とした疾患です。

歯周組織とは、歯肉(歯ぐき)、
      歯槽骨(歯を支えている骨)、
      セメント質(歯根の表面を覆っている硬い組織)、
      歯根膜(セメント質と歯槽骨をつなげている薄い靭帯のような膜)の4つの組織から構成されています。

歯周組織は、歯を支えるためにとても大切な組織で、歯周組織にダメージが加わると、歯を支えきれなくなり、歯が抜けてしまうようになります。

今日は、ここまでです。
続きは、また。

お盆休みについて

カテゴリ:
医院からのお知らせ

誠に勝手ながら、8月13日(月)〜8月15日(水)までお盆休みの為、休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。
尚、8月16日(木)より通常診療致します。

Club GP

カテゴリ:
クリニックブログ

歯科医師の芳金信太郎です。
先週の土日にClub GPのグローバルプログラムの勉強会に参加してきました。

この勉強会は1年半のコースになっており、毎月スペシャリストから講義を受け、実習hands-onをするというものです。
咬合治療、歯周治療、歯内治療、インプラント治療、審美治療等々をマイクロスコープ;顕微鏡を通してより精度の高いものを目指すスティーグループです。
今回が最後の回になります。最終回の土曜日は海外から有名な先生Dr.Pascal Magne(パスカル・マニエ)をお招きし、審美治療の講義を
受けてきました。

日曜日は、受講生の症例発表にて、このコースを締めくくるという流れでした。

ちなみに、GPとは一般開業医というような意味合いがあります。海外では医科のように歯科も、補綴科、歯周病科、歯内療法科など各専門分野に分かれていたりします。
日本では矯正はよく見かけますが、他はあまり分かれておらず歯科医は全部の治療をこなすのが一般的になっているでしょう。

私は、少しでも質の高い最善の治療をトータルでできるようになるように、それぞれの専門家に学ぶようにしています。

そのため、ほぼ土日は勉強会で不在にすることが多いです。

岩崎歯科医院でも世界基準の治療が少しでも患者様に提供できますよう、日々努力と研鑽を続けております。

歯科医師 芳金信太郎

1 / 212