クリニックブログBLOG

災害時などの口腔ケア

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは、大庭です。今回は、災害時の口腔ケアについて、お話しします。

災害時に、歯ブラシや水がなく、歯磨きができない状況に置かれた場合、限られた条件での、口腔ケアは、とても、重要です。
薄い布(ガーゼ)を使い、歯や、歯茎、舌などの汚れをとる方法があります。口の奥など指が届きにくいところには、割り箸に薄い布を巻き歯ブラシ代わりにすることもできます。

また洗口液で、口をゆすぐことにより、さらに効果がでます。

徹底的歯の保存part2

カテゴリ:
クリニックブログ

岩崎歯科医院

歯科医師の芳金信太郎です。

今回は前回の徹底的歯の保存part1に続いてpart2です。

患者様は50歳代女性の方です。

左下の奥歯(第1大臼歯)の歯茎が腫れてきたという主訴です。

レントゲンを撮ると歯の根の先が黒くなっているのが分かります。

細かく診断するためにCTも撮影していきます。
CTはコントラストがしっかり映るため、骨の溶けている部位とそうでない部位が明確に分かります。ミリ単位で距離も計測することができます。

CTを撮ると、手前の歯の根の先にも黒い影があるのが分かります。

CTは3次元的に診断ができるので治療の戦略がとても立てやすくなります。

この様な病気を根尖性(こんせんせい)歯周炎と言います。歯の中に細菌が繁殖して、どんどん深いところまで細菌が侵入して骨を溶かし、そして歯茎まで感染が広がるとお口の中に吹き出物として現れます。(吹き出物があるのとないのでは、治療成績が違います。)

歯の神経の治療はとても小さく、脳外科の治療でもマイクロスコープを使用していますが、歯科でも神経の治療をする場合はマイクロスコープを使用したが治療成績が断然に高くなります。

深いところまで、スクリューピンというネジが設置されていますので、それを慎重に除去していき、歯の根のお掃除をマイクロスコープを用いて行います。

しかし、CTで診断すると比較的大きな骨の吸収像が見られるので、こういう場合は外科的に根の先端に溜まった膿の袋(膿胞)を直接摘出しなければならない場合が高くなります。
今回は外科的な治療も併用することによってしっかりと治癒することができました。

術前と術後の比較のレントゲンでも歯の根の先端の黒い影がなくなっているのがわかると思います。

第1大臼歯をしっかり治療すると、手前の歯も自然と治癒していきました。
感染が隣の歯まで広がろうとしていたのだと考えられます。
患者様にも50歳代でもこんなに骨ができるなんて嬉しいと言っていただけました。

天然の歯をいかに残せるか、それはCTによる細かい診断とマイクロスコープ による精度の高い治療により、1本の歯を救うことができました。

再感染がない様に、今後もしっかりメンテナンスが重要です!

岩崎歯科医院

歯科医師 芳金信太郎