クリニックブログBLOG

歯垢と歯石

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは!
歯科助手の大庭です。
今回は、「歯垢」と「歯石」の違いについて書きます。

歯垢が唾液や血液中のカルシウムと結びつき硬くなったのが歯石です。

1日みがいていない歯の表面には、白くてネバネバしたものがついてきます。これは、歯垢(プラーク)です。たくさんの細菌が歯や歯茎にはりついていたもので、バイオフィルムと呼ばれます。
歯垢の中には、数億の細菌がいて、虫歯をつくる細菌、続いて歯周病の元になる細菌などがすみつき、成熟して、厚みを増します。これらの悪玉菌が生産する酸や毒素などが歯の硬い組織をとかしたり(虫歯)、歯肉に炎症を起こしたり(歯周病)するのです。

歯垢はやわらかいので、歯ブラシどできれいに落とすことができますが、歯石は、歯ブラシでこすってもとれはません。歯科医院での専門的な除去が必要ですので、定期的にチェックを受けましょう。