クリニックブログBLOG

知覚過敏について

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは、佐藤です!

今回は、一度は経験したことがあるのであろう「知覚過敏」

についてお話ししようと思います。

 

まず「知覚過敏」とは?

虫歯はないのに、冷たい水などがしみたり、歯ブラシを当てた時に

ピリッとした痛みがある症状のことを「知覚過敏」と言います。

冷たいものだけではなく、甘い物や酸っぱい物も、知覚過敏を

起こす刺激になります。

 

原因としては

①歯みがき

歯を頻繁に磨きすぎたり、強く磨きすぎる、また固いブラシを

使うことでエナメル質が削れてしまい、知覚過敏を起こします。

②歯ぎしり

歯ぎしりで強く当たってしまい、

力がかかりすぎて歯が削れることでも起こります。

③酸蝕歯(さんしょくし)

酸性の食べ物や飲み物を長時間口に含み続けたりすることで

エナメル質が溶かされて象牙質が露出することで起こります。

こちらの表が飲み物の酸性を表す表になっています。

是非、参考程度に見てみてください。

④歯周病

歯周病が進行し、歯茎が下がってしまうと歯の根の部分の象牙質が露出して

しまうことで起こります。

 

それでは最後に、予防についてお話します。

自分自身で行えることとしては

①歯みがきの頻度を減らしたり、強く磨きすぎないようにする。

固い歯ブラシは避けて、ふつう〜やわらかい歯ブラシに変える。

②酸性の食べ物や飲み物の過度の摂取を控える。

 

もし症状が続くようでしたら、早めに歯科医院で適切な処置や指導を

受けましょう。

また、歯周病の進行を防ぐためにも定期的に検診を受けることも

おすすめします。

 

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分