インビザライン%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%93%E3%82%B6%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3

インビザライン症例

カテゴリ:
インビザライン

岩崎歯科医院 歯科医師の芳金信太郎です。

本日はインビザラインで歯科矯正をされた20代前半の女性の方のご報告です(掲載の許可をいただきました)。

まずはこちらが最初の歯並びです。

前歯にはやや隙間があり、そして前歯が前方に傾斜している上顎前突という状態です。

インビザラインは最初にクリンチェックというデジタル治療計画をたてます。

具体的な治療の期間もその時に分かります。今回はステージ数44でした。

1ステージ10〜14日で交換していきます。

こちらがクリンチェック計画で予想する最終の歯並びです。

インビザラインでは複数個のマウスピース装置(アライナー)を患者さんにお渡しします。

ご自宅で10〜14日ごとにアライナーを交換して矯正を進めていきます。

ご自宅で交換していただくため、来院の頻度は2〜3ヶ月に1回です。

 

下の写真が徐々に動いてきた状態です。

1ステージで約0、25mm程の移動量ですので定期的に写真で記録を取り、変化をモニタリングしていきます。

徐々に前歯の隙間がなくなりだし、突出感もなくなってきました。

そして、こちらが矯正が終わった状態の写真です。

お口元の突出感もなくなり、綺麗な歯並びになりました。

 

術前と術後で比較してみましょう。

 

インビザラインデジタルが進歩したテクノロジーの取り外し可能な透明なマウスピースです。

食事をする時、歯磨きをする時はマウスピースを取り外せるのでとても衛生的です。

更に岩崎歯科ではインビザラインをする際には最先端の光学スキャナーがありますので写真を撮るだけでお口の状態が記録できます。

ぜひ詳しくはお問い合わせください!!

 

歯科医師 芳金信太郎

 

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

 

 

 

インビザライン症例

カテゴリ:
インビザライン

岩崎歯科医院 歯科医師の芳金信太郎です。

本日はインビザライン(マウスピース矯正)で治療を終えた60歳代男性の報告をさせていただきます。

前歯が受け口傾向でしたので、そちらを改善していく計画をインビザラインにて立案しました。

こちらが最初のお口元です。

インビザラインでは22ステージ(約9〜10ヶ月)で終わる計画を立てました。

 

こちらが途中の写真です。前歯が徐々に動き出し、下の前歯が後ろに下がっているところです。

 

そして、こちらが最終の状態です。

受け口だった前歯が改善されました。インビザラインは患者様のマウスピースの装着が成功へのカギとなります。

しっかりと装着していただけましたので、順調に終わることができました。

インビザラインは従来のワイヤー矯正に比べて痛みが少なく、来院回数も少ないというメリットがあります。

歯並びが気になる方はお気軽にご相談ください。

歯科医師 芳金信太郎

 

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分