クリニックブログBLOG

症例報告

カテゴリ:
クリニックブログ

先日、ある60歳代、女性の患者様の治療が終了致しました。患者様には公開の許可をいただきましたのでここで報告させていただきます。

術前の状態です。画面右下(お口の中でいうと左下)の歯が欠損しておりました。と同時に画面左下の歯も歯が割れてきていました。

原因は左下奥歯がなくなりお口の右で噛むことが主になり奥歯の負担が増加して、かつ前歯の先端と先端がぶつかるような噛み合わせ(切端咬合;不正咬合の一つ)もそれを助長していました。

理想的には上の前歯は2〜3mmほど下の前歯を覆います。それによって顎を前方に動かすときに前歯同士が当たり、その時に奥歯(臼歯)が離開することが望ましいです。

治療のスタートとして、まずは奥歯にインプラントを入れさせていただきました。

インプラントを入れて3ヶ月経つと顎の骨とインプラントがくっついてきます(オッセオインテグレーション)。

下の前歯も歯の並びがデコボコ(叢生)しており、上の前歯にも負荷がかかるため、部分矯正(MTM)を行いました。

 

前歯の根に感染がありましたので、根管治療を行なっています。

 

徐々に根の先端の黒い影は消えてきています。骨になってきるということです。

いくら被せるセラミックが綺麗でもそれを支えている歯そのものが弱っていては使い物になりません。

しっかりと根の中を綺麗にして、歯を支える骨をよくする必要があります。ここがとても大事です。

また、反対側の歯が割れてしまっているところにもインプラントを追加していきます。

コンピューターで理想的な歯のポジションを決めて、その直下にインプラントが来るようにシミュレーションをする

ガイドサージェリーというものを行なっています。(緑色の線が頬の知覚を司る下歯槽神経を表しています)

そうすることで、大事な神経や血管に傷をつけずに、より安全かつ構造的に理想的なポジションに

インプラントを埋入することが可能です。

1分20秒あたりでそのあたりのことを話しています。

 

最終的に前歯もセラミック治療を行い、審美的かつ機能的な口腔内になりました。

術前↑

術後↑

術前↑

術後↑

治療はひとまず終了しましたが、今後も定期的(3〜4ヶ月に1度)に噛み合わせの確認や歯周病、虫歯等のチェックを行い、可能であれば今後の人生でこれ以上、歯を失うことなく質の高い生活(QOL;クオリティオブライフ)を営むことができるようサポートさせていただきたいと思います。

歯科医師

芳金信太郎