クリニックブログBLOG

“つば”の役割を知っていますか?

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは。歯科衛生士の奥出です。

皆さんは唾液の役割をご存じですか?普段生活しているうえでは考えたこともないという方がほとんどでしょう。。実はとても優秀な唾液がどんな働きをしているか知って頂きたいと思います。

 

1.洗浄作用

食べかすや汚れを洗い流してお口の中を清潔にします。

2.緩衝作用

食事をすることで酸性になったお口の中を中和させ、虫歯になるのを防ぎます。

3.再石灰化作用

虫歯になりかけの歯をもとの健康な歯に戻す。

 

上記は歯に関係する働きですが、他にも消化を助けたり味を感じやすくしたり、しゃべりやすくするなど多くの役目があります。

寝ている間は唾液が分泌されません!ですので寝る前はなるべく食べないようにして、必ず歯磨きをしましょう。

年齢とともに唾液の量は減っていきます。お口が乾いていると感じる方は唾液腺マッサージで意識的に唾液を出しましょう。お口が乾いてお困りの方は当院でお気軽にご相談ください。


 

 

 

 

 

四日市 岩崎歯科医院

JR四日市駅徒歩3分

近鉄四日市駅徒歩10分

飲み物の酸性度について

カテゴリ:
クリニックブログ

 

 

こんにちは

もうすぐ梅雨が明けて暑い夏が始まります

気温が高くなってくると清涼飲料水やスポーツドリンクが飲みたくなってくると思います

ですが頻繁に飲んでしまうとお口の中には悪い影響が出てしまいます

お砂糖を含んでいる飲み物を飲むと、お口の中の酸性度が、酸性に傾いてしまいます

そうなると虫歯になりやすい環境になります

飲み物によっても影響が違います

酸性度が高い飲み物はなるべく飲まないようにして

飲んだ後にはお水かお茶ですすぐようにしてお口の中の酸性度をできるだけ中性に保ちましょう

 

 

 

「MIペースト」って知っていますか?

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは、歯科衛生士の山田です。

今回は虫歯予防効果の高い、MIペーストについて、特徴と使い方をまとめてみました。

MIペーストは豊富なミネラル(カルシウム・リン)や口腔内環境の中和作用と緩衝作用を持つCPP-ACP(リカルデント)を含んだ全く新しいコンセプトの口腔ケア製品です。

カルシウムやリンといったミネラルは唾液内にも存在し、歯が酸によって溶け出してしまうのを抑制したり、溶けかけた歯へミネラルを溶け込んだりしています。

CPP-ACPには、他にも酸性になった環境を元の中性に戻す緩衝作用という働きにも大きく関与しています。この働きは唾液にも備わった働きですが、CPP-ACPが口中は存在することで、その働きを助けすみやかに酸を中和させ、口腔内環境を整えてくれます。

フッ素とCPP-ACPを併用すると更に虫歯になりにくくなります。虫歯のリスクの高い時期のお子さんの歯磨きの仕上げに用いると虫歯のリスクを下げることができます。

<おすすめしたいMIペーストの使い方>

①フッ素入り歯磨き粉でハミガキ

②普通に口をゆすぐ

③MIペーストを歯全体に塗布する

④ゆすがずに余分なペーストを吐き出す

⑤30分後に軽く口をゆすぐ

※5種類のフレーバーと期間限定でのフレーバーがあります。詳しくはスタッフまで!

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

お盆の休診案内

カテゴリ:
医院からのお知らせ

岩崎歯科医院のお盆の休診についてのご連絡です。

8月10日(土)の午前まで診療を行っております。

8月11日(日)〜8月15日(木)まで休診になります。

8月16日(金)より、通常診療を致します。

ホームページからのネット予約は24時間受け付けております。

お返事(メール)が多少遅れてしまう可能性がございます。

返信メールが1日以上経っても届かないという場合は

登録していただいたメールアドレスに誤りがある場合と

メール受信が拒否設定されている場合がございます。

8月16日に改めましてご連絡させていただきます。

皆様にはご不便をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

歯垢と歯石

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは!
歯科助手の大庭です。
今回は、「歯垢」と「歯石」の違いについて書きます。

歯垢が唾液や血液中のカルシウムと結びつき硬くなったのが歯石です。

1日みがいていない歯の表面には、白くてネバネバしたものがついてきます。これは、歯垢(プラーク)です。たくさんの細菌が歯や歯茎にはりついていたもので、バイオフィルムと呼ばれます。
歯垢の中には、数億の細菌がいて、虫歯をつくる細菌、続いて歯周病の元になる細菌などがすみつき、成熟して、厚みを増します。これらの悪玉菌が生産する酸や毒素などが歯の硬い組織をとかしたり(虫歯)、歯肉に炎症を起こしたり(歯周病)するのです。

歯垢はやわらかいので、歯ブラシどできれいに落とすことができますが、歯石は、歯ブラシでこすってもとれはません。歯科医院での専門的な除去が必要ですので、定期的にチェックを受けましょう。

1 / 212