クリニックブログBLOG

歯科歴史① 歯ブラシの歴史

カテゴリ:
クリニックブログ

みなさまこんにちは歯科衛生士の石川です。

今日は歯科の歴史についてお伝えします。

☆歯磨きの習慣について☆

私たちが毎日習慣としている歯磨きは始まりが古く、古代バビロニアの人々が始めたと言われています。この習慣は古代ギリシャの人々へ受け継がれ、さらにうがいと歯肉のマッサージを習慣にしていたそうです。

☆歯ブラシの歴史☆

歯ブラシは、紀元前三千年ころにエジプトの人々が使用していた「チュースティック」

紀元前五百年ごろにお釈迦様の弟子たちがお口の中の清掃に用いていた「歯木(しぼく)」がルーツと言われています。

「歯木」は現在でもインド、パキスタン、サウジアラビア、アフリカ、ミャンマーなどでさまざまな材料で使用されているようです。

その後「歯木」は仏教の伝来とともに538年間に日本へ伝わり密教の僧侶が仏前に礼拝する際に口をすすぐ儀式で歯磨き習慣が根付いたそうです。当時日本では「歯ブラシ」の概念が無く、「楊枝・房楊枝」として広まりました。

そして「歯ブラシ」の名称が最初につかわれたのは、1890年(明治23 年)に開かれた「内国勧業博覧会」で「歯刷子(はぶらし)」という名称で出品してから後のことだそうです。

商品名として「歯ブラシ」という言葉は大正3年にライオンが現在の東京歯科大学の指導で制作した「万歳歯刷子」で、それ以降は全ての製品に「歯ブラシ」という言葉が使われるようになったようです。

食べた後はお口の中をきれいにしたい!!この思いがあったからこそ今ある便利で使いやすい製品を作り出すことができたのですね。

健康で生活するためには毎日の歯磨きと定期的なプロのお掃除を受けていただくことをおすすめします(^^)

岩崎歯科医院 059-351-0418