クリニックブログBLOG

アレルギーに関係するお口の中の悪玉細菌

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは。歯科衛生士の石垣です。

 

花粉症の時期が始まりましたが、皆さんは、いかがお過ごしでしょうか⁉️

 

また、最近は、新型コロナウイルスの爆発的な蔓延により、マスクやメガネが手離せない方も多くおられる事と思います。

 

どうすれば感染しないで、過ごせるか頭を悩まさなければいけない時代となり、感染していても、症状が出ない人もいれば、免疫の力によって助かる人もいるようで、いかに生き残るかは、私達の国でも、今後さらに、切実な問題となってきます。

2009年、「新型インフルエンザ」の登場に日本列島は騒然となりました。

 

あれから11年。新型コロナウイルスの感染確認が国内でも相次ぐ中、免疫の強い人と弱い人は、何がどう違うのかについて、本日は、アレルギーになりやすい人は、どういう体質なのかという観点から、お話してみます。

 

最近は、歯周病菌(Porphyromonas gingivalis<以下P.G菌>)により、
アレルギー体質になることがわかっています!
粘膜上に、善玉細菌(乳酸菌などの共生細菌)がいるか、
悪玉細菌(歯周病菌や虫歯菌など)がいるかで、
健康に傾くか、アレルギー体質に傾くかどうかが決まると言われています。

粘膜上にいる細菌が健康に影響。これは一体どうしてでしょうか?

人間の免疫機能には、

一次攻撃部隊として敵と戦う戦闘員の自然免疫(細胞性免疫)と

抗体という飛び道具を産生して敵と戦う二次攻撃部隊の獲得免疫(液性免疫)があります。

この抗体は、敵を攻撃する道具でもありますが、アレルギーの原因にもなり得ます。
健康を維持するためには、自然免疫(細胞性免疫)と獲得免疫(液性免疫)のバランスがとれていることが重要です。

*

自然免疫と獲得免疫の
バランスを維持するためには
善玉細菌の増殖が必要!

粘膜の表面に

幼児期から慣れ親しんだ善玉細菌(乳酸菌などの共生細菌)の増殖が、バランスの良い免疫系を維持するために必要だと言われています。

粘膜上にいる善玉細菌と免疫との関係

悪玉細菌が増殖すると!

粘膜上にいる悪玉細菌と免疫との関係

つまり、粘膜上に悪玉細菌が増殖した状態では、
アレルギーになりやすく、がんやウイルスに対しての抵抗が弱くなると考えられるのです。
このような考え方は、Th1/Th2バランス仮説という免疫学的理論です。
また最新の研究ではTreg(調節性T細胞)とTh17バランス仮説と言われる免疫学的理論も登場してきています。
分かりやすくするために、ここでは簡略化して記載しています。
仮説とは言われていますが、臨床経験上かなり真実に近いと感じています。
その理由として、歯周病治療を徹底して行うだけで、
他に特別な治療や対応をしていなくても、皮膚炎や花粉症が良くなったという患者さんをしばしば経験するからです。
また実際のデータとして、歯周病菌(P.G菌)がアレルギー体質に傾けるという報告も出てきています。
  • *

    P.G菌

  • *

    P.G菌

この特定の歯周病菌(P.G菌)を遺伝子検査で調べる所もあります

今まではなかなか理論的な裏付けができなかったのですが、

今ではこのTh1/Th2バランス仮説、TregとTh17バランス仮説が出てきた事によって、皮膚炎や花粉症の改善が説明できるようになっています。
悪玉細菌(歯周病菌や虫歯菌など)を除去し、善玉細菌(共生細菌)を定着し増やすための方法もあります。

口腔内細菌の量を減らし、細菌の質を改善することが必要となります。

つまり、口腔細菌の量と質の両方をコントロールすることが重要なのです。

アレルギー疾患への対応は、
腸、口腔、扁桃が重要

アレルギー疾患への対応は
口腔扁桃
が重要です!

近年、腸内細菌叢(腸内フローラ)の研究は飛躍的に進み、

その重要性は徐々に広まってきています。

アレルギー疾患にも腸内細菌叢は大きく関わり、腸を診ずにアレルギーは語れない時代です。

また、免疫細胞は循環しています。

免疫系を考えたときに、咽頭(のど)にある扁桃は、非常に重要な役割をしています。

扁桃は、多数の免疫細胞から成り立っています。乳幼児期は抗原学習の役目をしていると考えられています。

(抗原学習には、5歳くらいまで胸腺が大きな役割をしていますが、10代以降は退縮します。

しかし、ここでの学習に問題があるとアレルギー体質になりますので、新生児から乳幼児までの善玉細菌(共生細菌)の定着も重要です。)

様々な病原菌が入ってくる可能性のある気道の入り口には、

多くの扁桃が存在し、免疫系の機能に重要な役目をしています。
しかし、扁桃に関しては、人間特有の器官であり、動物実験ができないことから、あまり研究が進んでいません。

現在のところ、推測にすぎませんが、咽頭部の扁桃の

密集した部位であるワルダイエル咽頭輪は、腸免疫と並んで非常に重要な役目をしていることが予想されます。

扁桃に関しては、今後の研究が待たれる所ですが、

掌蹠膿疱症などの皮膚炎をはじめ、さまざま全身疾患を引き起こすとして知られる病巣感染の原因の一つとしても考えられています。

また、これらの扁桃に口腔内細菌叢が大きな影響を与えていると考えられますし、口腔内の病変(歯周病変や根尖病変)も病巣感染の大きな原因になっていると考えられます。

私達の臨床実感としても、口腔内の病巣感染は全身に大きな影響があると感じています。

つらいアレルギー症状で悩まれている患者さんに対し、

最善の医療を提供するためには、扁桃や口腔を中心とする病巣感染の問題や腸内環境の問題も考えなければならないのです。

ホームホワイトニング症例 第二弾

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは!衛生士の石崎です

前回に引き続き、
ホームホワイトニングをされた
患者様のご紹介をしたいと思います!!

60代の女性の患者さまをご紹介させて頂きます。(ご本人にご了承頂きました。)
むし歯の治療ご希望で来院され
左上の歯にセラミックのかぶせものを被せる治療予定の患者様です。

もちろん今のご自身の歯の色に合わせて
セラミックの被せものを作製していくことも可能ですが、
後からホワイトニングで被せものの色を変えることは出来ません。。
そのため当院では、セラミックの被せものを作製していく前に
ホワイトニングで全体の歯の色を整えてからの治療をご提案させていただいております

この患者様は、
被せものを作っていく前段階の状態までDrによる治療が終わっており、
今は仮歯が入っている状態です。
歯と歯ぐきの際の部分には歯石も付いてきていたので
歯のクリーニングもしています。

《before》

C5.sc

《after》

C16.sc

元々とても笑顔の素敵な患者様ですが
歯の色が1トーン明るくなるだけで
印象もさらに素敵になります☆

春に向けて口元の印象を
さらに素敵にしてみませんか?
少しでも気になる方は、
当院のスタッフまでお気軽にお声がけください

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

定期的な歯石除去で歯周病と口臭対策を

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは、森下です。

今日は、歯石の口臭の原因について、お話しします。

歯石は口臭の原因に歯石の表面には、常に汚れや細菌がくっ付いている状態なので、歯石が付いていると歯磨きをしても
口臭が酷くなります。

また、歯石がついていると歯茎の溝が塞がれる形となり、歯茎の中の酸素が少ない状態になってしまいます。
そうなると空気が嫌いで、悪臭のガスを放つ細菌が増えてしまいます。
歯石の表面はザラザラしており、無数の穴やくぼみがあり歯周病菌の足場となり、毒素を出し続け匂いが強い口臭の原因に

日々歯磨きを頑張っても歯石を落とす事は、不可能です。口や歯周病を予防する為には、定期的に歯科医院で歯石を落として、健康なお口の環境を維持する事が、大切です。

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

リニューアルへ向けて

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは。岩崎歯科医院の歯科医師、芳金信太郎です。

3月2日(月)リニューアルオープンに向けて着々と工事も進んできております。

今まで1階は駐車場でしたが、今後はゆったりとくつろげる待合室になります。

待合室横にはキッズスペースも予定しております。

また、2階の診療スペースにはお子様と一緒に入れる個室の治療と予防スペースも予定しております。

ちなみに、全て個室になりますのでよりプライバシーに配慮した設計になります!

現在、骨組みがどんどん作られております。

外装工事に向けて外の足場も組まれました。医院のシンボルでもあるロゴや新しいサインの設置に向けてです。

内装の壁や床、絨毯などの材料もデザイナーの方々と決めていきます。



繰り返しますが、3月2日リニューアルオープンになります!!

それに伴い、内覧会も開催を予定しております。

日にちは2月29日(土)、3月1日(日)、3月7日(土)、3月8日(日)です。

また、内覧会については決まり次第、詳しくお伝えしていきます。

よろしくお願い致します。

 

岩崎歯科医院

歯科医師 芳金信太郎

歯磨き粉の選び方

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは、桐山です。

 

 

突然ですが、皆さんはどんな歯磨き粉を使っていますか?

ドラッグストアには数多くの歯磨き粉があり、価格もまちまちです・・。

当院でも日々の診療の中で、患者様から

 

『歯磨き粉の選び方について教えて欲しい』

 

とのお声を頂いております。

そこで今日はどんな歯磨き粉を使うことが適切なのか、歯磨き粉について書いてみたいと思います。

 

まず、最初に忘れてはならないことは・・

どんな歯磨き粉を使うかより、どのように歯を磨くかの方が重要ということです。

口の中の虫歯菌や歯周病菌はバイオフィルムというバリアーをつくり、歯にはり付きつつ、身を守っています。

このバイオフィルムは化学的な薬は効きにくく、むしろ物理的にブラッシングで取り除くことが効果的です。

ですので、いくら高価な歯磨き粉を使っていてもブラッシングの方法が適切でなければ、虫歯を防ぐことは出来ません。

また、汚れを落とすための研磨剤が沢山入っている歯磨き粉は歯の表面に傷を作ってしまい、かえって汚れが付きやすくなってしまいます。

ですので、歯磨き粉は、『歯を傷つけにくい』、『低研磨性』、『研磨剤無配合』などの記載があるものを選ぶことをお勧めいたします。

 

歯磨き粉に求められる効果は、汚れを落とす力より、むしろ傷ついた歯の表面を修復する力です。

歯の表面を修復する成分として、代表的なものは『フッ素』です。フッ素は日本で販売されている8割以上の歯磨き粉に配合されています。

フッ素には歯の表面を修復し、強化する効果がありますので、積極的に使用するといいと思います。

フッ素は濃度が低いと効果がありません。

濃度が高いことで歯の再石灰化と耐酸性を得てむし歯になりにくくなります。

歯磨き粉はフッ素濃度(ppm)が高いものを選びましょう。

「歯周病予防」で言えば歯ぐきを引き締めるために塩が入っているだけの場合も。

「抗菌成分配合」や「IPMP配合」などは汚れを落とすのを手伝ってくれます。

細菌を減らし歯周病予防や口臭予防につながります。

ただし、フッ素はインプラントと相性が悪いので、インプラントを入れている方はフッ素の入っていない歯磨き粉をオススメします。

 

最近では歯の表面を修復する作用として、『ミネラル』や『ナノ粒子のハイドロキシアパタイト』を配合したものもでてきております。どの成分が一番効果的なのかは難しいところですが、『歯の表面の修復』に着目した記載のある歯磨き粉を選ぶことがお勧めです。

歯科医院を受診し、ご自身の現在の状態にあった歯磨き粉を選んでいただけると、良いと思います。

 

当院では患者様にあった歯磨き粉のご提案をさせて頂いていますので

少しでも興味があれば歯科医師や歯科衛生士に、何を使えば良いのかお気軽にお尋ね下さい。

 

 

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

2 / 2912345...1020...最後 »