クリニックブログ BLOG

被せ物を綺麗にする前に

カテゴリ:
クリニックブログ

岩崎歯科医院の院長の芳金信太郎です。

本日は、被せ物をする前にしておいた方がいい事についてブログに書きます。

今回は、患者様より「白い被せ物をしたいのですが」と依頼を受けました。

レントゲンを見ると過去に神経を取る治療がしてありました。

岩崎歯科では、できるだけ再治療が少なくなるようにケースによってはCT撮影をご提案させていただく場合があります。

セラミックやジルコニアといった保険診療とは違う、いい材料で治療する場合は特にです。

せっかくいい材料で被せもても数年後に歯茎が腫れてきてしまったり、噛むと痛いという事が起きてしまいます。

その原因は歯の神経の管に原因があったります。

せっかくいい材料で被せたのにまた壊して作り直さなければならない事があります。

そんなことはできるだけ避けたいです!!!

今回CTを撮影して診ると歯の根の先にレントゲンで黒い影(透過像)が見られました。

CTで診断をし、

常にラバーダムを行い、マイクロスコープで見逃されていた管(MB2)を発見し、しっかりと封鎖を行いました。

 

ここはなかなか肉眼やルーペでは見つけることは難しい管です。

また、口蓋根という内側にある根の先端には残された器具らしきものが映っていました。赤丸で囲まれた部分です。

ここの残された器具を取るのはとても難しいのですが、しっかり取らせていただきました。

こちらはMTAセメントという封鎖生の高いもので根管充填を行いました。

その後、土台をこちらもラバーダム下でしっかり防湿して製作してから

最後に適応の良いジルコニアで被せて終了です。

依頼は被せ物をしたいというものでしたが、実はここがしっかり治療されていないとやり直しになるケースは本当に多いです。

 

被せ物をする前に重要なことのまとめ

CTで歯の根の先に感染はないかの診断は重要!

ラバーダムやマイクロスコープで肉眼では見えにくい領域の感染をできるだけ駆除すること!

適応のいい被せ物!

これらが条件が良ければ再治療はとても少なくなります。

今度は歯の根の先にできた感染を直接取り除く治療についてまた、後日記載します。

 

岩崎歯科医院 芳金信太郎

 

歯周病改善して綺麗に!!

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは。歯科医師の二村です。
今回の患者さんは全体を治療ご希望で来院されました。

この写真からどの部分に患者さんが気になってらっしゃったと思われますか??







その他にも下の歯をよく見ると、、、、、

歯石という磨き残しが石灰化して歯にこべりついてる状態です。
よって虫歯治療、歯周病、被せ物のやり直しの治療を進めていきました。

 


右の写真見ていただいたように虫歯治療と歯周治療によりプラスチックの変色と歯茎の状態が改善しました。

また差し歯を外した写真ですが周囲に歯石も沈着していて状態が悪かったです。
周囲の歯石も除去し改めて形を整えて仮歯に置き換え、一定期間問題ないか確認後セラミックを装着しました。

ホワイトニングもしたことにより見た目も歯茎の状態も改善しました。

皆さんも気になる所があれば気軽に教えて下さいね。

マウスピース矯正

カテゴリ:
クリニックブログ

岩崎歯科医院の歯科医師の芳金信太郎です。
今回はマウスピース矯正(インビザライン )についてです。

掲載の許可をいただきましたので症例のご報告をさせていただきます。
20歳代の女性でマウスピース矯正:インビザラインを行いました。
こちらが最初の歯並びのお写真です。

上下の前歯がデコボコに並んでいるのがお分かりになると思います。
インビザラインはiTero(アイテロ)という光学スキャナーで歯をスキャンさせていただき
クリンチェックという歯並びのシミュレーションを行います。

クリンチェックは早いと1週間ほどで出来上がります。
クリンチェックで分かることは、、、
・矯正期間がどれくらいの期間がかかるのか
・どのように歯が動いていくのか
・どこにどんな装置をつけるのか
が診断できます。複雑なケースの場合は何パターンかシミュレーションを制作しますので
3〜4週間かかる場合があります。

こちらがクリンチェックでの最初と最後の予想される歯の並びです。



マウスピースが出来上がったら約2週間の間隔でご自宅でマウスピースを装着していきます。

こちらが矯正終了した状態です。
治療期間は約1年3ヶ月でした。




とてもキレイな歯並びになりました。
キレイな歯並びは「見た目」だけでなく、歯磨きがしやすくなるので
虫歯や歯肉炎、歯周病の予防にも効果的です。

今回はインビザラインGoという前歯〜小臼歯を動かす部分矯正で行いました。

岩崎歯科医院ではインビザラインGoは35万円(+税)で行っております。
(症例によっては部分矯正ではなく、インビザライン フルという全体の矯正やワイヤー矯正を
ご提案させていただく場合もあります)

 

ちなみに、今回の患者様は過去に右下の奥歯の歯にマイクロスコープを用いた根管治療を行っております。

現在も全く再発することなく良好に経過しております。
2019年9月18日のブログに記載させていただいていただいております。

http://www.iwasaki-dental.or.jp/ドクターブログ/page/4/

マイクロスコープを用いた根管治療はこのような大きな膿(ウミ)の吹き出物でも改善できるケースが多くあります。

マウスピース矯正やマイクロスコープを用いた治療についてご興味があればぜひお知らせください!

岩崎歯科医院
院長 芳金信太郎

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

虫歯を除去して見た目をキレイに!!

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは、歯科医師の二村です。

今回の患者様は見た目が気になるとの事で治療希望されました。

上の前歯全体が部分的に変色がありますね。
一見汚れのようにも見えますよね??
しかし実は以前プラスチック詰めたのが古くなってきて変色してしまい虫歯になってしまったのです。

右の画像をご覧になった通り歯科用の切削器具で古いプラスチックを削って除去しています。

切削器具はボールペンの先くらい細い器具で顕微鏡を使用して処置を行いました。

治療前と比べると見た目が綺麗になり、虫歯も除去してスッキリしました!!
ただしプラスチックは取れてしまったり、再び変色してくることがありますので定期的に歯科医院でのメインテナンスをお勧めします。

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市 徒歩10分

顕微鏡ハンズオンコース

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは。歯科医師の二村です。
突然ですが顕微鏡をご存知ですか?
顕微鏡は昔、理科の実験で微生物を観察する時に使用するものと思われる方もいらっしゃると思います。
顕微鏡は小さい物をより拡大して見るものです。

歯科領域も歯などの小さい物をより大きく拡大して見ることで精度の高い治療ができると言われています。
ですが歯科用顕微鏡、いわゆるマイクロスコープは使いこなすためには訓練が必要で操作がとても難しいといわれています。

私は精度の高い治療を患者さんに提供したいと思い研鑽を重ねて、日頃からマイクロスコープを用いて診療しています。

マイクロスコープを利用する利点として
①肉眼では見えない根管、感染、穿孔、イスムス、歯根破折が明るくはっきり見える
②感染原因の見当がつく
③写真や動画で感染原因を患者さんに示せる
④勘に頼らず正確に治療できる、治療に質が上がる
⑤ストレスのない姿勢により治療が楽になり治療時間が短くなる

拡大について実際に一万円を置いて見てみましょう

1万円札で肉眼とマイクロスコープを使用した比較画像です。

右の画像をご覧になった通り、実はNIPPONGINKOというアルファベットが書いてあるのが拡大によりお分かりいただけかと思います。

マイクロスコープのさらなるステップアップを図りたいと思い、先日顕微鏡ハンズオンコースセミナーを受講してきました。

マイクロスコープの難しい点は
①ピントを合わせること
②ミラーを上手く使用しないと見えないことです。

そのためピントと合わせるための調整の仕方と工夫、ミラーテクニックの技術の向上を勉強してきました。
①ピントを合わせるために
視度調整、瞳孔間距離調整、フリクション調整

②ミラーテクニック
歯の部位によるミラーの位置関係と操作方法

このようにミラー操作により見えるようになります。

これからも患者さんに満足していただけるように精進していこうと思います。

岩崎歯科医院
歯科医師 二村太健

四日市 歯医者 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

1 / 912345...最後 »
自由診療について
インプラント治療内容

インプラント治療は、従来の入れ歯やブリッジとは違い、天然歯のように美しくしっかりと噛める歯を取り戻す治療法です。
失った歯の代わりに人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を装着します。健康な歯を削ることはありません。

施術の価格
インプラント(1歯) ¥380,000 ~ ¥400,000(税別) 
相談・検査・診断・治療までの標準料金(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
インプラント治療は必ず外科治療を伴うため、術後の疼痛・咬合痛・腫脹や出血などを生じる事があります。
施術時、静脈内鎮静麻酔を行う場合、一時的にふらつきが生じる事があります。
上部の人工歯や土台(アバットメント)が外れたり、欠けたりゆるんだりする事があります。
また、インプラントも歯と同様に周囲の骨は歯周病のように吸収を起こすリスクがあるので、術後のメインテナンスは必須です。
審美歯科内容

審美歯科治療とは、天然歯のように自然で美しい口元を作ることを目的とした治療です。しかしながら、見た目の美しさの回復は、歯や歯茎の健康はもちろん、咬み合わせなどの正常な機能を持続させることにも貢献しています。主な治療として、歯を削らないホワイトニング、セラミッククラウン・インレーによる修復治療と、表面だけを削るラミネートベニヤなどがあります。様々な目的・処置方法がございますので、審美歯科治療にかかる治療費は、治療法により大きく異なります。失った歯の代わりに人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工の歯を装着します。健康な歯を削ることはありません。

施術の価格
補綴(1歯) ¥30,000 ~ / 入れ歯・義歯 ~¥250,000(税別) 
相談・検査・診断・治療までの標準料金(※治療内容によって異なります。)
施術のリスク・副作用
【ホワイトニング】
ホワイトニング剤の刺激により、歯がしみる知覚過敏の症状がおこる可能性があります。
【オールセラミッククラウン】
金属などのインレーやクラウンと比べると、強度が若干劣ります。
【セラミックインレー】
部分的に削った箇所に装着するため、歯を削る量が比較的多くなります。
【ラミネートベニア】
強い力のかかる臼歯部などに装着すると、割れる場合があります。
【メタルセラミッククラウン】
金属を全く使用しないオールセラミックと比べると、見た目はやや劣ります。
また、金属を使用するため、歯茎や歯と歯茎の境目が変色してくる場合や、金属アレルギーを引き起こす可能性があります。