クリニックブログBLOG

勉強会に参加してきました。

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは。歯科医師の芳金信太郎です。

5月19、20日と歯科の勉強会に参加してきました。

 

講師の福西先生と

 

この勉強会のグループはとても大きく、そのセミナーを受講するには約2年ほど待たないといけません。

5D Japan  というスタディーグループです。

その中の歯内療法(歯の根っこ;神経などの処置)と修復治療(虫歯治療や審美治療)を

学ぶコースの第1回目を受講してきました。

このコースは2ヶ月に1度、計5回の約1年間のコースになります。

歯を保存するために昨年から岩崎歯科医院ではマイクロスコープを本格的に取り入れました。

 

練習用のプラスチックに細い管があり、そこの神経があることを想定して、

細い器具(ニッケルチタン製)を用いて管の拡大と形成を行なっていきます。

これらの器具を順番に

用います。

拡大と形成が終わったら、このようにしっかりと薬剤が入るかを確認します。

実際にはこの作業をお口のとても小さいところで行います。

岩崎歯科医院では、可能な限りマイクロスコープを用いて見逃された管がないように、

取り残しの細菌が少しでもないようにしております。

日々進歩する医療、よって常に研鑽していくことがとても大事だと考えております。

 

岩崎歯科医院

芳金信太郎

超音波スケーラーについて

カテゴリ:
クリニックブログ

マイクロスコープについて

カテゴリ:
クリニックブログ

初めまして!歯科衛生士の小髙です。

GW明けに新しい機械が設置されたので紹介させていただこうと思います!

 

その機械とは、、、

歯科衛生士用のマイクロスコープです☆

マイクロスコープとは、歯を拡大して見ることができる顕微鏡のことです。

歯を拡大して見るだけなら、頭に装着するタイプの拡大鏡(ルーペ)というものもありますが、

患者様にお見せする写真や動画を撮影、録画するためにはマイクロスコープが必要になってきます。

 

歯科衛生士がどういうときにマイクロスコープを使用するのかをお伝えしていこうと思います。

 

まずは、定期検診の時に使用します。

①虫歯があるのか

②歯のどこに汚れが残っているのか

③合っていない詰め物や被せ物があるのか

④亀裂が入っている歯がないのか    など

 

他にもチェックするところはありますが、、、

マイクロスコープを使用すると拡大した歯の写真や動画をお見せすることができるので

患者様ご自身では見えにくい部分にできた虫歯を見ていただくことが出来るようになります。

 

↑歯の模型を4倍に拡大した写真です。

↑こちらは9.6倍に拡大した写真です。

↑24倍に拡大すると汚れや歯茎の状態がよく見えますね。

 

定期検診だけでなく、

歯のお掃除をするときや、

歯茎の中の歯石を取るときにもマイクロスコープを使用します。

 

歯茎の中は暗くて見えにくいので、歯科衛生士の手先の感覚で歯石を取っていますが、

マイクロスコープを使用すると、歯茎の中を明るいライトで照らしながら深い所の歯石を

取ることが出来るようになります。

 

マイクロスコープを使用できる歯科衛生士が在籍しておりますので、

ご興味のある方はお声がけくださいね!

 

 

 

歯科顕微鏡

カテゴリ:
クリニックブログ

歯科医師の芳金信太郎です。
先週の土曜、日曜日に顕微鏡歯科学会に参加してきました。天気は快晴、大阪万博公園の太陽の塔をモノレールから眺めて通過し、会場は大阪大学で行われました。

 

岩崎歯科医院では顕微鏡歯科治療(マイクロスコープ)に力を入れております。

歯科治療において、
お口の中の環境は
暗い
狭い
小さい
といった、とても見るには難しい環境です。

よりよい治療をするには、
より明るく、より大きく、見える環境を作る必要があります。

まず

暗いお口の中を明るくするには、

1、チェアーの上についているライトを使用する
2、ルーペなどにライトをつける
3、マイクロスコープ(顕微鏡)の光源を使う

などの方法があります。

 ルーペとライト

 

 マイクロスコープ

チェアー上についたライトは術者の頭で光が入らなくなる事が多々ありますので、その都度、ライトの角度や位置を変える必要があり意外と暗いです。

ルーペにつけるライトは拡大しながら、頭を動かしても光が目線と近い位置にあるためよりしっかり見えます。しかし、ルーペにつける光は目線と光がでる軸がやや違うため、より細かいところ(歯の神経の処置など)はマイクロスコープの光源がより照らしてくれます。

また、小さいものを大きく見るためには
1、肉眼で顔を近づける
2、ルーペを使用する
3、マイクロスコープ(顕微鏡)を使用する
といった方法があります。

肉眼には限界があり、顔を近づけるのも限界があります。また視力などに左右されます。
ルーペは2倍~10倍のものがあります。

岩崎歯科医院は2倍、2.5倍、3倍、6倍のルーペがあります。倍率を上げたい時はルーペ自体を別のものに変える必要があります。

マイクロスコープは2倍~20倍以上に拡大する事が可能でより明るく、瞬時に拡大して、更に記録を取りながら見る事が可能です。光の大きさ、量、質を変えることも可能です。

岩崎歯科医院には3台のマイクロスコープがあります。

しかし、マイクロスコープがあれば誰でも使えるというものではありません。
車と一緒で買ったら乗りこなせるというのではなく、しっかりとした知識と練習を重ねた技術が必要です。
マイクロスコープの同様です。
よって私は日々顕微鏡のトレーニングを積むために勉強しています。
今後も学んだことなどをお伝えしていきたいと思います。

顕微鏡歯科治療に興味があればいつでもおっしゃってくださいね(^^)

歯科医師   芳金信太郎

 

 

PMTCというお掃除について

カテゴリ:
クリニックブログ

みなさん、初めまして

歯科衛生士の石崎です。

スタッフブログ第一回目ということでブログを書きながら緊張しています。笑

これから、週替わりでスタッフがブログを更新していきますのでお楽しみに!

これがPMTCに用いるクリーニング材です。

 

さて初回は、PMTCついてお話ししたいと思います!

みなさんはPMTCというお掃除をご存じですか?

P・・・プロフェッショナル

M・・・メカニカル

T・・・トゥ-ス

C・・・クリーニングの略で

専門家が器械を用いて行う歯のクリーニングのことを言います

“えっでもそれって検診でおこなう歯のお掃除と何が違うの?”

と思われる方もいらっしゃると思いますが、

検診で行う歯のお掃除は、歯石除去がメインになりますが、、、

PMTCは、歯の表面をツルツルに磨き上げるお掃除で

着色除去や、バイオフィルムとよばれる細菌の膜の除去

フッ素入りの研磨剤で歯の表面ツルツルにすることで

汚れをつきにくくさせる予防的な効果もあります!

 複数のラバーカップで磨いていきます。

 

 

当院ではPMTCを行う際、着色除去用の粗めの粒子の研磨剤から

仕上げ用の細かい粒子の研磨剤を使用し

ブラシも研磨剤に合わせて数種類のものを使って行っていきます。

着色が気になっている方

どうしても磨けない場所があり気になっている方などなど

ぜひ一度PMTCを受けてみませんか??

 

お掃除の最後には、

歯肉のマッサージ・歯のミネラルパックなんかもついています!!

すごく気持ちいいですよ☆!!!

 

 

3 / 41234