クリニックブログBLOG

どうして銀歯なのに虫歯になるの?

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは。中川です。

 

今まで接着剤でつけてあった金属(詰め物)が突然取れて、慌てて歯科医院に行った経験ある方多いのではないでしょうか。

その時に「詰め物取れた歯が虫歯になっているので、もう一度虫歯の部分を削って金属を新しくしますね」というような説明を受けた方もいらっしゃるのでは?

もちろん、金属が外れた=虫歯になったから、ではありません(他にも理由があります。後述します)。

でもこうは思いませんか?

“金属を接着剤でつけたのに、どうして金属の中が虫歯になるの?”

 

今日はこのことについて書かせていただきたいと思います。

まず初めにお伝えさせていただきたいのは、セラミックやゴールドを使った保険外の詰め物では、治療後にその中に虫歯が再発するということは、あまりありません。

 

保険の金属は色々な金属の合金ですが、その約半分が銀です。

 

実は、この銀がよくありません。

 

磨き残しなどが金属の周りに長期間付着していることで金属が腐食していきます。

腐食すればするほどその部分に汚れがさらにつきやすくなります。

そしてその結果、虫歯になります。

他にも硬さにも問題があります。

 

硬すぎるのです。

 

食事で咬むとき、その咬む力を吸収しきれなくて金属のふち(辺縁)がたわむ(浮き上がる)ような力がかかります。

1日何千回も咬みます。

咬むたびにそのような力がかかるわけです。

その結果、ある日突然外れてしまいます。

外れない金属は大丈夫という“誤解”

ここまでで書いたように、残念ですが保険適応の金属には性質上の限界があります。

ですが歯科医師は、できる限り金属が外れないように努力をします。

削り方によって金属の外れやすさは全然違います。

つまり取れにくいように外れにくいように、考えて削っています。

 

「虫歯の大きさの割には金属の部分多くない(大きくない)?」と感じたことありませんか?

こういう疑問を持たれた方への解答が上にあたります。

特に保険の金属は虫歯の再発の可能性が高いので、あらかじめ虫歯になりやすい部分を削ることもあります。

簡単に外れないように、敢えて形を複雑に削ることもあります。

患者さんの口の中全体の清掃性(磨き残しの量)を見て、時には掃除がしやすい形にすることもあります。

これは歯科医師の考えなので、削り方(削る量や数る形など)は千差万別です。

長年外れていない金属、本当に大丈夫でしょうか?

例えば10~20年外れずに問題なく使えている金属が口の中にあったとしても、その金属が本当に問題が無いのかは分からないのです。

中が虫歯になっていても、歯科医師の先生が簡単に外れないようにと考えて削って下さったから、その結果外れずにいるということも、実は少なくありません。

 

事実 保険の金属の寿命(再度虫歯になる平均年数)は5~6年というデータもあります。

「金属がすぐに外れた」となると患者さんとしてはマイナスイメージを持たれると思います。

「あそこの歯医者、大丈夫?」と。

外れることが良いとは思いませんが、逆に外れないことが良くないことも少なくないということも、ぜひ知っていただけたらと思います。

金属の中は残念ですが目では見えません。

金属の中は実際外してみないと虫歯になっているかどうかが分からないことも多々あります。

だからこそ、そういう部分が虫歯にならないようにすることを、我々歯科医療従事者は考えなければなりませんし、患者さんにもぜひそういう関心を持っていただけたらと思います。

虫歯予防と食事

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは、佐藤です。

皆様あけましておめでとうございます!

昨年中は大変お世話になりました。

今年も皆様にとって良い年になりますよう、

お祈り申しあげます。

 

お正月はたくさんおいしいものを食べたと思います。

そこで、お子さんのむし歯予防と食事についてお話していきたいと思います。

そもそも、「虫歯予防と食事って関係あるの?歯磨きさえしっかりしていれば

いいんじゃないの?」と思う方もいるのではないでしょうか?

 

三度の食事をバランスよくしっかり取ることで

子どもは途中でお腹が空くことなく思いっきり遊ぶ事ができますね。

そうすると、おやつを何度も欲しがらなくなり

次の食事をきちんと空腹の状態で迎えることができるようになります。

子どもが小さいうちは、「食べる時間」と「遊ぶ時間=食べない時間」

のメリハリをつけて生活することが、結果的に甘いものを遠ざけることになり

虫歯予防につながります。

 

ただし、食事さえ気をつけていればいいという訳ではありません。

やはり歯磨きをすることも、とても大切です。

こどもが1人である程度磨き残しなく歯磨きができるようになるまでは

保護者の方の仕上げ磨きは必須です。

小さいうちは、仕上げ磨きを嫌がるお子さんも多いですよね。

まずは歯ブラシに慣れることから始めて、

少しずつ歯磨きを好きになってもらいましょう。

「歯磨きをすると、すっきりして気持ちいいな」

と思ってもらえるような言葉がけやスキンシップもいいですね。

 

毎日歯磨きをしていても

完全に口の中から歯垢を取り除くことはとても難しいです。

そのためには虫歯にならないような

食生活を整えることがまず大事ということです。

 

 

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

 

歯科における金属アレルギー

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは。衛生士の奥出です。

今回で今年のブログの更新は最後になります!

 

皆さんは金属アレルギーと聞くとどのようなことを思い浮かべますか?アクセサリーが触れていた部分の皮膚がかぶれる等が思いつく方が多いでしょう。

歯科の治療で使われるいわゆる‘‘銀歯”でもその症状は見られることがあります。銀歯が触れている粘膜が炎症を起こすのはもちろんのこと、お口の中とは直接関係ない全身の皮膚に炎症や湿疹を引き起こすこともあるのです。手の平や足裏に嚢胞ができる掌蹠膿疱症が生じることが知られています。

 

歯科で使用される金属の中でもニッケル、コバルト、クロムはアレルギー性が高いとされます。

アレルギー症状が出ると金属の詰め物や被せ物は除去して、金属を含まない別の材料で再度修復を行う必要があります。替わりにセラミック、ジルコニアや硬質レジンを使用します。

 

アレルギー症状が出てから金属を除去しても皮膚の炎症や嚢胞がすぐに治るわけではないので、最初からセラミック等を使用する方がいいかもしれませんね!さらにセラミックの修復物の方が接着性に優れ再治療の可能性が低く、審美性も高く自然な見た目の歯を取り戻すことができますよ。

今まで金属アレルギーの症状がなかった人でも急に発症することがありますので、気になる方は一度当院にて受診の上ご相談ください。

 

最後に、今年もたくさんの方々にお世話になりました。皆様よいお年をお迎えください。

 

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

 

仮診療所と駐車場について

カテゴリ:
クリニックブログ

皆様、こんにちは。岩崎歯科医院 歯科医師の芳金信太郎です。

今週火曜日よりいつもの岩崎歯科医院横のビル2階にて仮診療所として診察を行なっております。
レントゲンや歯科用チェアーが入る前はこんな感じでした。

現在は壁、天井のクロスもしっかりリフォームして蘇りました!

駐車場も変更になっております。
お気をつけください。

1月中旬には看板も設置されますが、10台ほど停めていただけるスペースをご用意しております。

20年前の診療所が復活したことで、昔の岩崎歯科医院をご存知の患者様からは懐かしいねと言って頂いております。

仮診療所は祖父、そして両親が20年前まで診療を行なっていた場所です。世代を超えて引き継いでいる感じがします。

そして、現在リニューアルに向けて解体もどんどん進んでおります。


周囲の皆様には多大なご迷惑をおかけして申し訳ありません。2ヶ月で終わりますのでお許しをお願い致します。

また、リニューアルに向けてのブログも更新していきますので、皆様よろしくお願い致します。

 

歯科医師 芳金信太郎

 

指しゃぶりについて

カテゴリ:
クリニックブログ

こんにちは

身の回りに指しゃぶりをしてしまう癖のある子どもはいますか?

気づかないうちにしてしまう癖のひとつですが、長期間続くと思わぬ歯並びになってしまうことがあります。

 

今回は、矯正治療でもかなり多くの方が気づかずになっている「吸指癖」について、ご説明していきます。

吸指癖とは?もともとは口の機能発達のための訓練

吸指癖とは、その名の通り、指を吸ってしまう癖のことです。

指しゃぶりは、胎児のときからすでにみられるそうです。乳児期にみられる指しゃぶりは、母乳を吸う訓練であり、口の機能の発達や精神的な満足感にも関係するのでこの段階では、癖とは言いません

吸指癖のやめ時

幼児期に見られる場合は、指しゃぶりは精神的な安定のためなので、無理やり治す必要はありません。

しかし、乳歯の噛み合わせが完成してきて、言葉の発音もするようになってからは、なるべく癖をやめた方がよいとされています

・吸指癖の発音への影響

たとえば、「さしすせそ」を発音するときに、歯がないと発音が上手にできないですよね?舌をだして発音しなければならなくなってしまいます。

・指しゃぶり(吸指癖)の指への影響

歯以外への影響としては指にタコができてしまったりすることもあり、歯科医は、指しゃぶりの有無を確認するのに指をみることもあります。

指しゃぶりによって引き起こす可能性が高いのは開咬といって一部の上下の歯が噛まない歯の状態になることです。
開咬により、発音などがしにくくなっていると、話す時などに舌を突き出す舌突出癖もなってしまっている可能性があります

歯の矯正によって開咬を治そうとしても、吸指癖・舌突出癖が完全にやめられず残っていると、治療が非常に難しくなります。また、矯正治療によって一旦歯並びが治ったとしても、後戻りする可能性が非常に高いです。

そのため、癖をしっかりと除去すること、舌や指が入る隙間がないように歯並びを治すことの両方が必要になってきます。

矯正治療に関しては、乳歯の時期にする場合も考えられますが、マルチブラケット装置という矯正装置を使って、1個1個の歯をきれいに並べるのは、永久歯になってからになります。

お子さんの歯のことでお困りの方がありましたら一度相談に来てください

四日市 歯医者 岩崎歯科医院 JR四日市駅 徒歩3分 近鉄四日市駅 徒歩10分

 

3 / 2912345...1020...最後 »